【PR】FX系ノウハウの中でダントツに簡単なノウハウ 定年退職後の資金作りに
【PR】病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法
スポンサードリンク
スポンサードリンク

定年退職後の健康を考える

たばこは先の健康より目先の安心!?

定年退職後の生活を真剣に考えている管理人です。

定年退職バンザイ!人気blog生活・文化ランキングへ

あなたは愛煙家ですか?それとも嫌煙家ですか?

以前はタバコを吸っていたけど止めたという人も多いでしょう。

最近は分煙、禁煙の場所が多くなりました。

たばこのパッケージにも怖い事が書いてあります。

値上げも頻繁になってきて、ヘビースモーカーはタバコ代も馬鹿にならないと思います。

喫煙に関して、私はなんとも言えませんね。

人が吸ってるタバコの煙や匂いは確かに不快です。

でも、あからさまに嫌な顔をすることもありません。

嫌であれば自分が場所を移るだけです。

嗜好品ということで言えばお酒。

昼間っからお酒を飲んでいる人をたまに見かけますが、

見た目にもあまり感心しませんけれど、それも、わたしはやらない、

と思うだけです。

(わたしは夕方、もう外に出ることがない!と言う時から飲み始めることに決めています。)

以下に紹介するある人の記事は、コーヒーの香りと比較していました。

人には好き嫌いがあり、その人にとって何が迷惑か・・・

と言う事を言っているのですが、

言いたいことは解るのですが、やはりタバコは本人だけじゃなく

周りの人の健康にも影響する
、という所が一番問題になる点なんだと思います。

禁煙のためのプログラムも色々あります。


狂速のパーフェクト禁煙法〜1日3箱のヘビースモーカーも我慢しないで禁煙できた!たった1秒で成功する、知らないうちにやめられるダイエット禁煙法


もし、あなたが、1日30本以上のヘビースモーカーなら、60分後にはタバコを吸いたい気持ちがなくなります。


【イタリア式禁煙方法】絶対やめたい人の画期的な禁煙法!【禁煙グッズ不要・根性不要・意志の強さ不要】


禁煙指導に携わる現役医師が伝授!!実践!5日間禁煙成功プログラム




≪参考記事≫

喫煙の害と禁煙 著 者: 池田 康祐

近年、どこもかしこも禁煙だと言われ始めました。

私は賛成でも反対でもありません。 人に迷惑をかけないなら、健康管理は自分で行うものですから、病気になろうと本人の責任です。

ただ釈然としないのは、タバコにかけられている税金で国鉄の赤字の穴埋めをしたことがありましたよね?
なのに、構内もコンコースも全て禁煙だというのは愛煙家にとっては腹立たしいことでしょう。

ちなみに私の通院している総合病院も来年から敷地内禁煙になります。

でも院内の大勢の人がいる場所に、コーヒーだけの自販機を置かれました。 カップのコーヒーなので臭いが充満して気分悪くなります。
嫌いな人間には害でしかないのですから、タバコ同様に配慮してもらいたいものです。

大きく脱線してしまいましたが、本題に戻ります。

タバコの煙には約4000種類の化学物質が含まれ、内200種類以上が有害物質だと言われています。

その影響で、血液の流れを悪くしたり、動脈硬化を促進したり、ガンを誘発します。

狭心症や心筋梗塞、歯槽膿漏、流早産にも関わりがあるようです。

また、喫煙者と非喫煙者では肺がんの発症率が4.5倍で、喉頭がんにおいては何と32.5倍になるそうです。

ニコチン依存症というのは、喫煙指数によって決まります。

喫煙指数は1日に吸う本数に喫煙年数をかけて計算されます。

1日に20本で40年間吸っていたら、喫煙指数は800。

この指数が200以上になればニコチン依存症とされるわけです。

ニコチン依存には、ニコチン渇望による依存の他に、食後やトイレでの一服、仕事や家事の休憩時、手持ちぶさた等の心理的依存もあります。


それでは禁煙するためにはどうしましょうか・・・?

まず、喫煙している理由と禁煙したい理由を自身で明確にしましょう。

例えばストレスが原因でタバコを吸っているなら、そのストレスの原因も取り除かなくてはなりません。

健康に良くないから禁煙したいと考えているなら、吸っているために起こる弊害、禁煙することによって改善されていく健康状態について詳細に知ることも必要です。

周りのサポートも重要となります。

良く知られているものでは、禁煙パッチやニコチンガムなどもあります。

でもガムなどで禁煙できるとは思えない人も多いみたいですね。

一度禁煙外来にかかって医師に相談することも大事でしょうね。


結局最後は自分の意思の強さがどれほどのものかって事になるでしょうが、止めれるならそれにこしたことはないので頑張ってみてください。

それと、タバコを吸う人は病気になりやすいので、それにかかる医療費も多くなります。
当然国の財源からもそれらは負担されるので、禁煙が進めば医療費自己負担もこれ以上上げられなくて済むかも知れませんよ!


            IRORINET  http://yasuhironet.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


タグ:禁煙 
スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
◆FX常勝バイブル◆100%の勝率で月間利益25%以上を稼ぐ秘訣を公開!
一度きりの大切な人生を、お金にゆとりを持って過ごして行きたいと望む方! 万全なリスクコントロールと、確立されたノウハウ に基づいて、FXで、100%の勝率と、月平均25%の利益率を獲得して、退職後の人..
定年退職後の生活は定年退職前に手を打つべし!FX常勝バイブルで、貴方もお金のゆとりと最高の幸せをWin!